スマホを見る女性

ガツガツは禁物!初デート後のLINEで女性を喜ばせる5つのポイント

初デートの後の最高の気分って何度味わってもたまりません、やめられません。もしかしたらこれを読んでいるあなたも、まさに初デートが終わった帰り路でそんな余韻の中にいるのかもしれません。
でも余韻にひたってばかりじゃいられません。知ってのとおり、デート後の時間経過とともにこの恋をどうやって実らせていこうかと心配になっていくものです。

そのはじめの一歩となるのが、初デート後のLINEです。そう、戦いは初デート後すぐに始まっているのです。うかうかしていないで効果テキメンのデート後LINEで恋の成功確率をグイッとあげましょう。
ということで、今回は初デート後にどんなLINEを送ったら女の子に喜んでもらえるのか、次へつなげられるのかを解説していきます。

まずは男性から丁寧なお礼のLINEを送る

ブロンドヘアの女性

ちょっとこれは意外だったんだけど、デート後にすぐに自分からは連絡しないという男性を知っています。下手に出て、自分の格をさげないようにするためだとか。
どんな恋愛テクの本を読んだかわからないけども考えすぎです。そういう狙い過ぎた行為はまったく不要。あなたがデートに誘ったんだから、お礼は先に女性から言ってもらのが筋だとか、その古い感覚は捨てましょう。

別の記事でも書いたけど、女性はデートに乗り気じゃないのに参加してくれてることも多い。デートのための準備も男よりずっと大変です。
それを踏まえると、まずはデートの誘いにのってくれたこと自体に男は感謝してもおつりは来ます。というか、楽しい時間を一緒に過ごしたんだから、まずはそのことについて感謝をするものでしょう。
これは、相手が男友達だとしても同じことです。下心うんぬんの話じゃありません。

送るタイミングは帰り道すぐでもOK

これも考えすぎない方がいい。僕なら帰り道にすぐ送っちゃいます。だって本当に楽しかったんだし、デートの続きみたいな感じで、いい余韻の中でお礼したいじゃないですか。

すぐに送ると好意がバレて立場が弱くなるから時間を置いてからのほうがいいとか、そういう意見もあるようですがくだらないですね。ケツの穴小さすぎ。
帰り道か帰宅後、夜遅いデートなら翌朝に送ればいいのかなと思います。逆にそれ以上間が開いてしまうと、男性のあなたがどう考えているかは別にして、妙な誤解(わたしとのデートつまらなかったのかな)を女性に与えかねません。
もし、相手の女性があなたに気がある場合、誤解を与えるのは得策ではありません。

内容はガツガツし過ぎないように注意する

初デート後のLINEで注意しないといけないのは「ガツガツ」しすぎないことです。
デート後にLINEを送るタイミングが早過ぎるのはよくないという前述の意見。くだらないと書きましたが、それにも一理あることはあります。
返信が早すぎるとは「ガツガツ」感が出てしまうからです。

ガツガツ感がでてしまうと女性は警戒します。必要以上に好かれてると感じて、自分の気持ちが追いついていない(もしくは好きでもなんでもない)と、面倒なことになりそうだなって身構えてしまう。
ガツガツ感のバロメータは「返信スピード」と「内容の重さ」です。言うまでもなく、LINEの返信が早いほど、そして内容が長く重いほどガツガツ感が高い。

なので、初デート後すぐにLINEを送るなら(ガツガツ感高め)、バランスをとるために内容はあっさりシンプルに抑えるのがポイントです。翌日の朝など時間がたってからLINEするなら(ガツガツ感低め)、内容はややしっかり濃い目にしてもOK。

まちがっても、デート帰りの電車のなかであなたにゾッコンですみたいなクドイ長文LINEを送りませんように。優しい女性なら、その時は律儀に返信してくれるかもだけど、翌日以降はノーチャンスです。どうか気をつけてくださいね、僕もこれで痛い思いをしたことがあります。

ガツガツしていなければ好意は伝えてもOK

でも、初デート後のLINEで女性に好意を伝えちゃいけないという意味ではありません。ガツガツせずにさらりと伝えられるなら、ぜひ好意を伝えるべきだと思います。
要するに女子からすると、ガツガツ来られるのはウザいけど、男から何もリアクションがなきゃないで面白くないって話です。
恋愛の責任が発生しない自由なポジション(つきあうかどうかとか、重い決断する必要がない)にいながら、心地よい状態(男からほどよく好意を寄せられる)はキープしたいということ。もちろん、あなたが嫌われていないことが大前提ですが。

なんて身勝手なんだ!って思った方は、女性の恋の盛り上がり方を再確認しておきましょう。
女性は盛り上がるのが男性に比べて遅いというのはよく知られたことです。男みたいにバーっともりあがってガツガツガツっていって恋愛が成立するケースはあんまりないわけです。
だとしたら、男としてはジャブで小さくパンチを繰り出しつつチャンスを狙うしかないわけで、それが最も合理的な戦術なわけです。少なくとも特攻して憤死するよりははるかにマシ。

女性からのLINE返信で脈ありか脈なしかを考えすぎない

スマホを見る男性

初デート後のLINEでもうひとつ気がかりなのが、脈あり脈なし問題です。
まず、脈ありかどうかを女性のLINEの返信内容だけで判断するのは危険です。速攻で返信が来た!とか、こっちから送る前にLINE来た!とか、好きな女性が積極的なアクションをとってくれると、ついつい男は「やべえ、俺に気があるなこれ」とかテンションあがってしまいます。
女性に惚れ込んでいればいるほど、そして経験が少ない男性ほどその傾向があります。

でも、それはポジティブすぎ(笑)。ノリがよかたり丁寧な子は返信も早いだけです。それ以上の意味はないと思っていいです。
女性は男に比べてコミュニケーションレベルが高かったり、嫌われないようにふるまうのが上手です。子どものときから男よりずっと複雑なコミュニティで育ってきていますからね。

男友達同士の世界では、そういう気を使ったやりとりがあまりないから男は勘違いしちゃう。これ要注意です。
まあでも、返信が早かったり雰囲気よい内容なら、少なくともそんなに嫌われてはいないかなくらいには思ってもいいでしょう。

ところで、この問題を考え過ぎると精神不安定になるのでやめておきましょう。「俺のこと好きだよね?嫌いじゃないよね?」なんて暴走LINEしちゃったり、いいことなんかこれっぽっちもありません。うまくいくものもいかなくなってしまいます。

初デート後のLINEに限ったことじゃないけども、大人の恋愛の勝負をわけるのは冷静さ、大人の余裕です。ハートが熱いのはいいことだけど、頭はクールにいきましょう。
脈あり、脈なしどっちなの!?って気になってる時点で冷静さを失いかけているので(いや、仕方ないんですけどね、恋に落ちるとそうなります)、頭のどこかでブレーキをかけつつ、うまくいく方法をしっかり考えていきましょう。

■美緒ちゃんより

わたしも、初デートの帰り道にもらえるお礼のLINEは嬉しいですね。バイバイしたのにまだ自分のことを考えてくれてるってゆーのがなんだか嬉しい!まださっきバイバイしたばっかりなのにー!

逆に、いきなり長文のLINEはなんだかこわいです。それだけでドキドキもしなくなってしまいます。笑
それから質問攻めもやめてほしいですね。例えば、次は何系のご飯がいい?みたいな軽めのトークならいいけど、長文の中に次回デートについての質問がいくつもあると引きます。なんか必死な感じがして、次デートしたら何されるかわからない恐怖です。質問で嬉しいのは、帰り道大丈夫だった?とか心配してくれる程度がいいかな。

男性から送るLINEの中に好意がを入れていいかどうかに関しては、私ははっきりとさせて良いと思います!!
あまりしっくりこなかった、次はもう無いかなって思ったら、さらっとしたお礼の内容プラスお疲れ様でした!!って締めくくるくらいのがいいと思います!
逆に女性に対して好意があるなら、ストレートな評価をもらうのも嬉しいし、あなたが好きですを少し滲ませるくらいの空気感だと余計にきゅん♡ってします!笑

最近私が嬉しかったのは…

「今年一楽しい時間でした!」
大袈裟だし、絶対ウソやろ!と思いながらも、なんか嬉しい感じの表現!

「いつか食事したいと思ってたので会えて嬉しかったです!!」
「楽しかったです!今月はこれで頑張れます!!」

とか

「幸せな時間でした!美緒ちゃんにハマらないよーにします。笑」
ってゆーのもかわいいーって思いました笑

「もっと一緒にいたかったです!」
とゆーストレートな文もわかりやすくて良いですね!後々の関係性をはっきりさせやすいので。

やっぱり大事なのは、さらりとそれでいてストレートに愛情表現が伝わってくること。そしてそれに対して、見返りを求めて来ないことかな。こんなに好きなんだ、だから次もデートしてくれますよね?みたいな念押しされると怖ってなるからね。

ガツガツしすぎず、さらりとストレートに、見返りをもとめない。そういうLINEを初デート後にもらえたら、たいていの女の子は嬉しいし、次のデートもいいかなって思うはずです。

スマホを見る女性
最新記事をチェックする