初デートセックスのための5:3:2の心得とそれでもおすすめしない理由

「初デート セックス」で検索してこの記事にたどり着いた方、ようこそお越しくださいました。夜な夜な(いや、会社の昼休みかもしれないけど)そんな不埒なキーワードで探しものをしているあなたが、正直とてもうらやましい。

もしあなたが男性なら、脳内は、初デートでヤッちゃっていいのだろうかという心配が2%、どうやったらうまいことヤれるのかという心配9800%という状況かと思います。
あなたが女性の場合はもう少しシリアスで、初デートでホテルに誘われたらどうしようとか、はたまた、もうヤっちゃったけど遊ばれてるのかしらといったところでしょうか。

今回は、そんな希望や不安を解消すべく、私なりの考えをまとめていこうと思います。
私ナンダは年甲斐もなく純愛派ですが、モテマンはなんといっても大人の恋愛を標榜しているブログメディアでもありますから、そのあたりを意識しつつ最後まで読んでいただければと思います。

初デートだからダメという理由はどこにもない

まずもって、初デートだから無条件にセックスNGというのは、この令和の時代においてナンセンスな考え方だと思います。当然NGと首をブンブン振っている人に限って、どうしてダメなの?と聞いてみると案外まともに答えられなかったりするものです。
そういう常識みたいなものは一回取っ払って考えるのが、大人の恋愛の正しいアプローチ。

ただし私もケダモノではありませんから、初デートでセックスオールOK、みんなどんどんヤっちまえよというスタンスではありません(お互い遊び目的ヤリモクのデートはその限りではありません)。条件があると思っています。

純愛シーンにおいて初デートセックスが許される条件は、いわずもがな、お互いに強い好意があることがはっきりしていることです。もう好きで好きでたまらない、という二人であれば、デートのその先を止める理由は何もないはずです。シゴく当然。

一方で、相互に好きじゃないとき、まあほとんどのケースで男は一方的にラブラブでしょうから必然的に女性が身構えている状況になると思いますが、そういう場合は男はセックスを迫ってはダメです。ダメ、セックス、かっこわるい。

その状況で女性の頭にあるのは、軽い女と思われたくない、都合の良い女になりたくないという切実な思いであり、これは男にダマされたときに女性が被る肉体的、精神的、時間的ロスを考えれば当然のことです。

だから女性はあなたの本気度を確かめようとするのですが、残念なことに本気度を示す最善の手段が、ご主人様の「待て」のひとことで目の前の御馳走を我慢するワンコよろしく、セックスという最高のご褒美を求めないことだったりします。

あなたのことが大切だから、簡単には手をださないよ(セックスしたいって言わないよ)ということです。

いますぐDNAをばら撒きたい男性諸氏からすればこれ以上のジレンマはないのですが、それを嘆いたところでどうしようもない。かくして、ラブラブ以外で初デートセックスに持ち込むのは、純愛デートにおいてはナシというのが男にとっては妥当な判断になります。
本当は、あなたのことが大切だから今すぐ抱きたい!なんですけどね、悲しいですね。

お互い好きでも初デートセックスをおすすめしない理由

女性を後ろから抱きしめる男性

さて、仮に初デートの時点でお互い大好きだとしても、私の意見としては、初デートでのセックスは「無し」の一択です。女性はそもそもNG派のほうが多数でしょうから(少なくとも表面的には)いいとして、悩める男性には説明が必要そうです。

20代前半のまだ大人一歩手前の男子なら、初デートから女の子を抱こうと鼻息フンフンさせていてもまあOKでしょう。でも大人の男性ならちょっと考え直して欲しいところ。

皆さん容易にご理解いただけると思いますが、歳を重ねて経験が増えるにつれ、感動することが減っていくものです。
個人的な体験で恐縮ですが、私を例にあげれば、中学生の頃はアイドル雑誌のグラビアを見るだけでドキドキしていましたが、大学生にもなるとハードなエロ本をコンビニの可愛いバイトの子から買わないと興奮しない体質になり、アラフォーのいまでは並大抵のことでは勃起しません。ただのEDかもしれませんが。

そういう大人な男性にぜひ実践してほしいのが禁欲です。あえてセックスを遠ざける。好きなあの子とエッチしたいというその気持ちはもちろん大切ですが、エッチはしない。デザートと同じで、楽しみは後にとっておいたほうが盛り上がります。用法・容量を守る正しい寸止めは、必ず恋を燃え上がらせます。

デートのたびに少しずつ距離を詰めていこう。
前回は手をつないだから、今回はキスまでして。次回はもっと激しいキスをして、その次はちょっとさわったりして・・・と段階をゆっくりあげていくと、毎回のデートが異様に楽しくなります。

デートごとどころか、好きなあの子との夢のセックスに一歩ずつ近づいていく感覚を、毎晩のように楽しむべきです。どんなきれいな体をしているんだろう、感じたときにどんな表情するんだろう、どんな声なんだろう。ねえもう、楽しすぎるでしょこれ。

大人の恋愛なら、セックスまでの盛り上がりを楽しむべきです。初デートでセックスまでしちゃうなんて、本当にもったいないことだと思います。

それでも初デートでセックスしたいなら押さえておきたい5:3:2の心得

そうはいっても、あの子としたいという気持ちはなかなかぬぐいきれないものです。それに、そうなってもしまってもいいように準備をしておくのは、デート前の気分を盛り上げてくれるもの。悪くありません。

そこで、初デートでセックスしたい人向けに、ズボンの膨らみ以外に押さえておくべきポイントをまとめておきます。

街選び、店選びが5割

一流アスリートが口を揃えて「練習が大切」というように、デートも準備が大切です。最初からいきなりのセックスを狙うのならなおのこと、本番で実力を発揮できるように念入りに準備をしよう。
具体的には、どの街で遊ぶか、どの店で食事をするか。これで勝負は半分決まります。

  1. 彼女が普段使いしない街を選ぶ
    第一に、お相手が普段使わないエリアを選ぶことです。会社の近くはさけるべき。知り合いの目を気にせずに遊べる場所を選んだ方が、彼女も解放的になりチャンスも増えるというものです。彼女が知らない街を選べれば、プラスでドキドキ感もついてきます。
  2. ホテルが近くにあるかをチェック
    次に、当然ですがお店の近くにホテルがあるかどうかは確認しておきましょう。まあ、別に近くなくてもいいのですが、店との位置関係、どうやって移動したらいいのか、時間はどれくらいかかるのか、頭に叩き込んでおくこと。
  3. いい雰囲気のお店は最低条件
    お店のセンスがよいことは前提条件。①②も踏まえて、候補のお店をしっかりと下調べをしたいところ。彼女の好みも聞き出して、テンションがあがるお店を選べれば初デートセックスの可能性も高まります。

お店での空気作りが3割

いいロケーションのお店を準備できたら、次に大切なのはもちろん当日のデート。ホテルへ続くいい感じの空気をいかにうまく作っていくかなんだけど、なかなかこれが難しい。

スタート直後からギラギラと「ヤりたい」空気満々でいけば、女性の警戒度は当然上がります。これではチャンスは遠のくばかり。

やらなきゃいけないのはその逆で、彼女の警戒心を解くこと。
そのために最初にやるべきは、徹底的に楽しませることです。楽しいにもいろいろあるけども、私の脳内コンピュータのメモリには、デートの前半を抱腹絶倒に面白いくらい盛り上げたときの方がお持ち帰りセックスが成功する確率高しと刻まれています。
抱腹絶倒が難しければ別に笑わせなくてもいい。とにかく彼女にとって居心地のよいデートにすることがポイントです。

そして、デートの後半は空気をガラリと変えること。だって、ずっと抱腹絶倒のままじゃただ楽しいで終わってしまいますから。飲み会で盛り上げてくれて楽しいヤツだけど、結局はモテないって男はこの切り替えができないからです。
盛り上げてくれて今日もオツカレ、とモテる男はカワイイ女の子をお持ち帰りしながらほくそ笑んでるんです。

デートの前半で「何か気が合うかも」「楽しいな」と心を開いておいてから、後半は雰囲気を変えて誘っていく。
どんなに盛り上がっていても、トイレをはさんだり何だかんだでブレイクする瞬間はある。そのタイミングで本題、セックスへ持ち込む空気を作っていく。一軒目をしめて、二軒目へ行くのも有効です。

そうそう、準備の段階に含まれると思いますが、席順も超重要。初デートセックスの確率を高めたいなら、おすすめはL字ポジション。対面だと距離が詰まらないし、真横だと警戒される。だから、L字に座れる席を予約しておくとよい。

ムードを作っていく後半戦ではしっかり好意を伝えよう。これでもかというくらい女性を褒めるくらいでちょうどいい。ほどよい感じにお酒が入ってるならなおのこと。相手の目を見て、手をつないで、耳元でささやく。初デートでセックスに持ち込むなら、やりすぎくらいやったっていい。セックスできなかったら、どうせ怒られるんだからさ。自爆するくらいでいいでしょうよ。

ホテルへ誘う最後の押しが2割

ロケーションOK、空気づくりもOKとなっても、最後の押しに失敗すると初デートで女の子とセックスすることはできない。
なんとういか、ここまでの前段準備ができていないと挑戦権すらもらえないという意味で「店選びと空気づくりで合わせて8割」の重要度を設定しているが、その8割がうまくいっても最後の押しができないとダメという意味では、もっとも重要なのはここ。

このホテルへの誘い方だけで1記事かけてしまうから詳細は今度に譲るとして、とにかくモテる男とそうでない男の、いやより正確には、ヤれる男とそうでない男との差はここに集約される。

お店選びとか盛り上げるトーク術は誰でも身につけられます。でもこの最後の押しは、性格の問題もあり、できない人にはなかなかできなかったりするからです。

でも大丈夫。やれば必ずできるようになります。この押しをマスターする近道は、ひたすら実践すること。断られることを前提に、デートのたびに女の子を誘ってみよう。

本当はしたいと思っている女性だって少なくない

美しい女性

軽くみられたくないとか、いろいろ理由をつけて女性は初デート(に限らず)でのセックスを遠ざけようとします。だけどそれって別に、女性に性欲がないってことじゃありません。セックスしたくてたまらないって思っている女性って結構いたります。というよりも、言わないだけで実はほとんど全員そうなんじゃないかって密かに思ってます。

でも、セックスでトラブルがあったときにダメージが大きいのはどう考えても女性。慎重になるのは当たり前です。
裏を返せば、あなたが信用に足りる男であること、その女性を抱くにふさわしい男であることを証明すれば、本当はセックスしてもいいかもって思ってる女性の本音に近くことができます。
それで100%ヤれるわけじゃないけども、「わたしとエッチしたいの〜?ええ、どうしようかな〜?」くらいまでは簡単に持っていけます。

アレ、なんだかオススメしている論調になってしまっているけど、私は初デートセックスはあえて我慢する派ですから、最後にそのことを念押ししておきます。

マッチングアプリで経験を増やすのが誘い上手への近道

夜景デートで手をつなぐ男女

初デートに限らず、デート後にセックスへ持ち込めるかどうかは、経験がものをいいます。その経験値を稼ぐのに向いているのが出会い系アプリです。

出会い系アプリがいいのは、トータルでまんべんなく恋愛経験をつめるから。メールやLINEでのやりとりもデートも、並行して複数人相手にすれば、ものすごいスピードで成長できます。

今すぐには手が届かなさそうな本命の女性がいるなら、それはそれで大切にしつつ、来たるべきときのために恋愛アプリで修行しましょう。何となく遊びたいという感じで使っている子も多いので、バンバンデートして、バンバンホテルへ誘って、当たって砕けろの練習をすればいいと思います。

ということで、初デートでのセックスについてモテマン的な意見を語ってみました。あなたの大人の恋愛がうまくいくことを祈っています。

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG