初デートで割り勘はOK?男なら奢るべしという昭和感がモテ男への道

女は三歩下がって男の後を、なんて時代はもはや大昔のこと。男女平等の時代にあっては、デートの費用だって割り勘当たり前という意見が多くあるようです。でも、「それなら今度の初デートも割り勘でいいか」と思った男のアナタ、ちょっと待ったです。

たしかにいろいろ時代は変わりました。でもね、私はやっぱりデートのお金は男性が払った方がいいと思うんです。特に、あなたが大人の男なら。デートの支払いは女性が男性を見定める重要なポイントのひとつです。どんな対応をするかであなたと女性の運命も変わってくるというものです。いろんな意見があって当然ですが、それでも「デートで割り勘(特に初デート)」をおすすめしない理由を語ってみたいと思います。(今回はつきあっていない男女の場合の話です。カップルの場合はふたりで決めたルールで払えばよいと思います。)

食事をご馳走して悪い印象を与える可能性は低い

平等意識が過度に強い一部の女性を除けば、食事を男性にご馳走してもらうことに嫌悪感を持つ人はほとんどいないはず。これは男女間に限ったことではなく、同性同士だって同じです。だって、財布の中身減らずにすむんだから、悪い気はしないでしょう。

ただ女だからって理由でご馳走されるのは下に見られている気がするとか、奢られることで弱くなる立場を利用されるのが嫌とか、中にはそういう女性の意見もあるようだけど、それはまた別の問題。そういう意見が女性サイドから出るのは、これまでの日本男性陣の不手際の積み重ねなんじゃないかなあ、と思います。実際に見下していたり、利用しようとする奴が多いんでしょうね。

デートに誘ったほうが負担するのは自然

初デートということは、男性からデートに誘ったというケースがほとんどですよね。だったら、デートの費用は(少なくとも食事くらいは)男性であるあなたが負担するのは自然なことでしょう。これは男女とか恋愛とかを抜きにして普通のマナー。仕事の相談で男友達を飲みに誘ったら、そのお礼に奢るのと同じです。
相手の女性は、忙しい中わざわざ時間を作ってあなたとの初デートに応じてくれたんです。ご馳走するのは当然です。

割り勘しないのは人間のオスの求愛行動

野鳥の求愛行動といえば、大きくてカラフルな羽を広げてみたり、美しい声で鳴いてみたりといったことを思い出しますが、中には立派な巣を作ってアピールするオスがいるそうです。容姿(羽)や甘い口説き(鳴き声)に対して、巣=経済力といったところでしょうか。

人間のオス(あなた)も野鳥たちに負けていられないでございますよ。おしゃれして、トークで笑わせて、経済的にも女性を養っていく力と覚悟があることを示したいところです。割り勘しないでご馳走するというのは、つまるところ立派な求愛行動なのです。

たとえ「平等に」楽しんだとしても割り勘しない

取引先の若い男性社員とデート割り勘の話題になったとき、飲み食いしているものは同じだし平等に楽しんだのだから、会計も平等に割り勘で当然じゃないかと主張していて、ちょっと驚いたことがあります。まあ理屈の上でその通りなんだけどね。でもでも、それってセコすぎませんか?

お店の手配もしてあげて、デートを一緒に楽しんで、たくさんもてなして、それでもなお割り勘じゃなくご馳走する余裕が男には必要なんじゃないのって思うわけです。「割り勘でいいよ!」って言ってくれる女性のほうがいい子に決まってるというのも幻想です。そんな女子たちの言葉を鵜呑みにしちゃだめです。ニコニコしながら心の中で、ハアこの男残念だわって女の子は思ってます。

トータルの負担は女性の方が大きいことを忘れない

そもそも、デートを「平等に」楽しんだという考えそのものが男の勘違いです。あなたとのデートのために女性がかけた手間隙コストに考えが及べばそんなことは誰だってわかるはず。コスメに香水に美容院に服に下着にメイクにしっかりお金も時間もかかっているわけで、洗顔と整髪料と髭剃りくらいで済んでしまう男とは桁違いの努力をしています。

だったらもうわかるでしょう。初デートも割り勘でなんて考えは100回グルグル回ってみたって1ミリも正しくならないんです。ちなみに先に登場した若いセコい男性社員は、背も高くてイケメンなんだけども、さっぱりモテませんでした。

脈がなくたって、ありがとうございましたとお礼してご馳走する

引き続きそのセコい男性社員の意見から。彼曰く、デートの結果、脈ナシとわかってるのに奢るとか嫌じゃないですか?とのこと。はい、そんな発想しているうちは、きっとどの女性と何度デートしても永遠の脈ナシでしょうよ。間違いない。だって、デートの間ずっと奢ってあげようかなやめとこうかなとかジロジロ見て線引きしてるわけですよね。自分ひとりで決められない幼稚なクレクレボーイって感じで、私が女性なら200%ゾッとします。

もし脈がなかったとしても、考え方が逆でしょう。残念ながら御眼鏡にはかないませんでしたが、そんなショボい私のために貴重な時間を使っていただきありがとうございました。せめてお食事代は負担させてください、でしょうよ。これが脈なしのときの正しい対応だと思います。私は精神論は苦手なんですが、こと恋愛関係においてはどんどんGIVEして相手を喜ばせてあげる、しかも見返りは一切求めないという利益度外視の精神が重要だと思っています。脈がなくたって、割り勘しちゃダメです。

デートで割り勘OKなのは、ご馳走されるのを女性が強く嫌がるときだけ

色っぽい女性

さて、ここまでのところデート(特に初デート)での割り勘を強めに否定してきました。でも、もし相手の女性が絶対ご馳走されたくないという考えの持ち主なら、そのときは彼女にも気持ちよく払ってもらいましょう。割り勘拒否しようとすると返って機嫌を損ねかねません。それでは本末転倒。

確かに、デートのたびにいつもご馳走してもらっていると、それはそれで負担に感じるものです。そういうとき、私はよく、本当にほんのすこしだけ女性にも払ってもらっていました。それか二次会のBARで一杯だけ奢ってもらうとか、とにかくガス抜き程度にお金を使ってもらい、負担に感じる気持ちをほぐしてあげましょう。そのあたりの舵取りが上手だと、気の使える男として評価もあがります。

時代の流れに逆張りしてモテよう

デートで割り勘OKという考えが多くなってきたこと自体は、公平にしていこうという世の中の流れにあって悪いことじゃないと思います。でも、モテる男になりたいならあえて逆張りしてみるのがおすすめです。みんなが左がいいっていうなら、あえて右を選んでみる。割り勘でいいよじゃなくて、御馳走するのが当たり前というポジションをとる。時代遅れとか昭和とか言われるかもしれないけども、他とちょっと違って目立つほうが魅力的な人間に見えたりするものです。時代に合わせない、自分の基準を持つということがモテる男になるコツなんですね。

ということで、私はこれからも「初デートで割り勘」には断固反対の昭和の男をつらぬきます(モテたいからね)。みなさんは、次の初デートで割り勘しますか?それともやめますか?じっくり考えてみてください。

最新記事をチェックする